転職分水嶺

ロケットスタートを切るための挨拶

転職活動が無事終わり、転職先への初日。色々なことにドキドキして次の会社ではどのように活躍をしようかと思いを馳せながら出勤している人が多いのではないでしょうか?厳正なる選考を勝ち抜いて勝ち取った転職です。ロケットスタートを切りたいものですよね。 どうすれば、ロケットスタートをすることができるか?考えたことはありますか  ロケットスタートでも、様々な方法が考えられます。今回は、会社で最初に行うであろう「挨拶」について考えていきましょう。挨拶をうまくすることが出来れば、その職場で活躍することが出来る可能性が高いのです!

転職後ロケットスタートをするための、挨拶の仕方 

(1) 1人1人全員に挨拶をする気持ちで  挨拶は、初日に全員にする勢いで行いましょう。自分から「誠意をもって挨拶をすること」が大切です。出来れば、朝の朝礼前に行うことがベストです。朝礼で紹介されるのは予想されますが、その前に「よろしくお願いします。」となるべく声をかけていくことが大切です。 (2) 愛想をよくすることが大切 挨拶をする際、最も大切なことは、愛想よく相手によろしくお願いします。と伝えることです。これが最も大切なことでしょう。会社の環境に慣れるまでは、年齢が歳下でも会社の先輩です。【会社の雰囲気に1日でも早く慣れたいので、力を貸してください】という意思が伝わるように、まずは愛想よく挨拶をしましょう。 (3) スピーチは、簡潔かつ分かりやすく 就任初日に、新参者としてスピーチをする機会があるかと思います。その際、気をつけなければならないのが、ダラダラと長く、自分の過去の経歴を自慢するような内容にならないよう気をつけることです。 最初の挨拶代わりのスピーチがイマイチであると、その後も社内の人から一目置かれるような存在になることは厳しいと言っても過言ではありません。 そのため、スピーチは、わかりやすく自分の人柄がどんな人なのかをわかるようなエピソードを入れた内容にする方が良いでしょう。ポイントは、自分で自分を自慢しないことです。

大切なのは、謙虚な気持ちと気持ちいと思わせること 

いかがでしたか。簡単にロケットスタートを切るためのヒントになる挨拶の仕方をまとめてみました。挨拶をする際女性の方は、【ぶりっ子と思われないような適度な愛想の振る舞い方】を意識することも大切かもしれません。第一印象の挨拶で、見方が変わってくるので、挨拶をする際は、細心の注意を払いつつ大胆な挨拶を心がけましょう。