転職分水嶺

地方で転職活動をしよう

転職をするにあたり、様々な選択肢があると思います。自分のキャリアを活かして、同じ業界の別の会社に就職を決めることや、今の待遇よりもより良い企業に行く。中には起業する人もいるのではないでしょうか。このように、選択肢は数多く存在しております。しかし、まだこれだけの選択肢だけではありません。その中にはこんな選択肢もあるのです。 それは、自分の生まれ育った故郷に帰って転職をすること  です。 故郷に戻っての転職は、一体どのようなメリットがあるのでしょうか

地方に戻ることはネガティブなことではありません。 

故郷に戻ることは、何もネガティブなことではありません。確かに働く場所がなくて都心に出てきたという人もいれば、地方の魅力が全く感じることが出来ないと根本的なことを思っている人も少なくはありません。しかし、それは  与えられたものしかみていないからそうなってしまうのです。  今の地方を真剣に向き合うことが出来るのであれば、自ずと解決策が何かしら見えてくるものなのです。まずは、この点に注意することが大切なことではないでしょうか。

自分の故郷の強みを分析する 

まずは、自分の故郷は本当に魅力がないか、将来性がないのかを分析する必要があります。この分析をしっかりすることが出来れば、地元で転職をするということも怖いことではありません。そのために、しっかりと分析をする必要があるのです。まず、自分の故郷の強みとは一体どのようなものかそれを把握する必要があります。すでに知っているかもしれませんが、地元の強い企業は一体どういう会社なのか?そして、今その会社はどのようなことを悩んでいるのか?などをしっかり調べていけば、転職する際の将来性も見えてくるかもしれません。ここがとても大切なポイントなのです。しっかりと分析をした結果、地元に戻っても自分の働く場所があるとなれば、転職という選択肢も出てくるはずです。

新しいものを取り入れる余地はあるか 

地元の強い企業だけでなく、伝統的な文化・仕事にも注目をしてみましょう。長く続いている伝統というものは、時代時代を反映して変化を必ずしています。そのため、地元で根強い伝統的な仕事があるとすれば、そこに新しいものを入れる余地が必ずあると言えるのです。どうすれば新しいものを取り入れることが出来そうか、一度検討してみるのも良いでしょう。そこから見えてくるものもあるかもしれません。

まとめ 

このように、自分が生まれ育った地元でも魅力的な転職先になる可能性が大いにあります。その可能性も含めて、転職活動を再検討することも良いかもしれません。そこから見出すことが出来るものがきっとあるに違いないからです。