転職分水嶺

ちょっとでも転職で有利になるために気をつけておきたい事

ここでは少しでもライバルに差をつけるため、知っておくとちょっと特をする転職に関する小さなトリビアをお教えします。決して知らなくてもいいですが、知っておくと何かの役に立つかもしれませんのでチェックしてください。

面接の前からアナタは見られている!

会社側が履歴書と面接だけでアナタの採用不採用を決めていると思ったらそれは大間違いです。まず、会社とのファーストコンタクトからアナタは見られています。メールや電話、ウェブサイト上のフォームなどから会社に始めて連絡する時から、メールの体裁や言葉遣いなどをチェックされています。更に面接当日、時間を守らず遅刻する、面接の日時を何回も伸ばすなどすると印象はもちろん悪くなります。アナタが面接官だったとして、メールでの言葉遣いが悪かったり、面接当日に遅刻する人を社員として採用したいと思いますか?

転職におすすめの時期は繁忙期!

正社員なら夏と年末のボーナス後やお盆明けが求人増のタイミングと言われていますが、実は業界によって違いがあるのです。例えば12月~3月が繁忙期の不動産なら10月など、どの業界にも繁忙期の1~2ヶ月前が求人シーズン。また、派遣や契約なら、契約期間終了直前の2月~3月に求人が増えるので、無理だと思っていた大手企業の事務などにスムースに入れることもあります。

成功しやすいのは過度にも過小にも自己評価しない人!

事務しかしていない、などと自分を低く評価する人が多い傾向にありますが、事務をやってきたのは立派なキャリア。その逆になんでも出来ますという過大評価は失敗のもとです。転職エージェントなどに相談し、自分の価値を客観的に評価してみてください。転職エージェントが無理なら、友達などでも大丈夫です。自己評価を聞いてもらって意見をもらってみてください。

転職に掛ける期間は平均3ヶ月!

退職希望時期の3ヶ月ぐらい前から応募を始めるのが目安です。その期間で決まらなければ「転職するのは今ではないんだな」と軽い気持ちで考えたほうが良いです。前職の良さもわかるのでまずは在籍しながら転職活動を行ってみてください。転職先が決まったら、社内規程を確認した上で、後任や引き継ぎの時間を考えると最低でも1ヶ月前までには上司に報告しなければなりません。万が一にも前の会社が取引先になることも考えうるので、退社は円満に行いましょう。